0120-212-228

MAGAZINEリフォーム最新情報

リフォームの最新情報を毎月お届けしています。

テラス囲い

「天候を気にせずに洗濯物を干したい」「部屋干しだと匂いが気になる」という方は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのがテラス囲いです。今回はテラス囲いの利便性や各社から出ている商品についてご紹介いたします。



テラス囲いとは。サンルームとの違い
「テラス囲い」は、ポリカーボネートのテラス屋根に囲いをプラスしたもののことを言います。テラス屋根と柱のみで作られているため施工が簡単です。
一方、「サンルーム」は、屋根をガラス張りにした部屋のことを言います。取り付けのイメージとしては、増築として考えた方が近いかもしれません。


テラス囲いのメリット
・いつでも洗濯物を干すことができる
急に雨が降ってきて、慌てて家に帰ったり急いで洗濯物をしまったりといったこともなくなり、わざわざ天気予報をチェックすることなく、洗濯物を干せるようになります。よほどの暴風暴雨でない限りは、基本的に洗濯物が濡れる心配はありません。

・花粉や大PM2.5などの大気汚染物がつきにくい
周囲の外気から守られたテラス囲いで洗濯物を干せば、花粉症や大気汚染物でのアレルギー反応を少なからず和らげることができるでしょう。

・多様な使い方ができる
洗濯物干し場以外にも、ガーデニングスペース、物置スペース、家族のくつろぎの場…など、多様な用途で利用することができます。

・設置費用が安く、施工も短期間
サンルームはリフォーム費用が高額になりがちですが、テラス囲いにかかる費用は、サンルームに比べるとリーズナブルです。施工期間も最短1日〜完成となるため、費用や施工日程などのハードルを下げることができます。


テラス囲いのデメリット
・気密性&水密性が低い
サンルームに比べて、気密性&水密性が低いため、豪雨や台風の際は水が入ってくる恐れがあるので注意が必要です。

・気温の影響を受けやすい
真夏は暑くなりすぎるのでゆっくり過ごすことは難しい場合もあります。真夏の暑さ対策になるオプションがある場合もありますので、チェックしてみましょう。


各社から出ている商品
◆三協アルミ 晴れもようwith
・換気機能を強化。より快適なランドリースペースに。
・種類豊富な竿掛け・物干しアイテム
・積雪地域にも対応



◆LIXIL サニージュ
・風をしっかり採り込んで、洗濯物が乾きやすい開口。
・明るさと遮熱を両立!進化した屋根パネル。
・使いやすさと、美しさにこだわった上下可動物干し。



◆YKKAP ソラリア
・使う人みんなにとって、便利で快適。
・耐風圧最大42m/秒、耐積雪最大100cm相当で雪や風にも安心です。